45歳からデザイナー再出発ブログ

日々日常を書いていく予定です。

Maya2017で、Unityに送信とUnrealに送信のMenuが消えた!

個人的なメモ

現象:
先週くらいに、AutodeskのStingrayをインストールするメッセージが
でたので、気にせずインストールしたら、Maya2017LTのファイルメニューから
Unityに送信Unrealに送信が消えてしまったので、その対応をメモしときます。
Maya2017LTの再インストールをしても治りませんでした。

原因:

Unityに送信Unrealに送信のPlugin設定のチェックが外れた為

対応:
①メニューのウィンドウ>設定/プリファレンス>プラグイン マネージャーを選択

f:id:hth:20170428192114p:plain

プラグイン マネージャウィンドウが表示されるので、
gameFbxExporter.mllGamePipeline.mllにチャックを入れる。

f:id:hth:20170428190504p:plain

③Mayaの再起動(しなくてもいいかも)

以上の手順で回復しました。

更新出来て無いなぁ・・・。

Windows10マシン導入してみました。

MacBookProで頑張ってたんですが、色々と限界があって
数年ぶりに、WindowsPCを購入しました。

Unity関連のインストールとかは順調に完了しました。
開発環境もこちらで一度作り直しかなぁと思ってます。

とりあえず、Windows7は会社で使い慣れてましたが
Windows10はあまり使い慣れていません。

設定関係とか随分と変化があって驚きですね。

3月中旬から使って気がついて無かったのですが

時刻設定が1時間近くズレているのに気が付きました。

時刻設定は、

コントロールパネル>時刻と言語で移動

時刻を自動設定するがONになっているのに時間がズレる?

同じページの関連設置にある
日付、時刻、地域の追加設定>日付と時刻項目の日付と時刻を選択

f:id:hth:20170403114915p:plain

上記の画面が表示されるので

f:id:hth:20170403114952p:plain

設定の変更をボタンをクリック

f:id:hth:20170403115113p:plain

今すぐ更新ボタンをクリックすると、標準の"time.windows.com"だと
"time.windows.comと同期にエラーが発生しました。"と表示されて
しまいます。

f:id:hth:20170403115415p:plain

サーバーのドロップダウンメニューから”time.nist.gov”が選択出来るので

選択後に今すぐ更新ボタンをクリックすると、同期されて時刻が正常に

戻りました。

自分の家の環境は、どうも、”time.windows.com”と相性が悪いのかも

しれないですね。

MayaLT2017をワークスペースのリセット方法

Mac版のMayaLT2017を触っていたら、いつのまにか
タイムスライダーとかの表示位置が変な事になって困ったので
記録として残して起きます。

経緯
ワークスペース:Mayaクラシックモードで使っていましたが
ある日を境にタイムスライダーの位置が画面の半分くらいを表示する
状態になってしまいました。

解決方法

メニューのウィンドウ>ワークスペース>”Mayaクラシック”を出荷時の既定にリセット
を選択すると、出荷時設定に戻りました。

f:id:hth:20170330230304p:plain

ちょっと、個人毎でドタバタがあって更新も勉強も止まってしまいましたが、復帰させてなるべく更新していきます。

PSVRがAmazonUKで販売中

日本だと在庫無いけどAmazonUKだと普通に売ってるのですね。

日本のアカウントでログイン出来るので、支払いも日本と同じカード使えます。

支払いはポンドになると思うので、円高の時に買うのが良いですね。

 

www.amazon.co.uk

AmazonUKが販売する分は、日本にも発送してくれると思います。

 

 

MayaLT2017の勉強をはじめました!その2

結局、モデリングの操作覚えるのにオートデスクサイトでは良いの見つけられなかったので、昔買った本を見てモデリングの勉強開始しました。

 

THE MAYA5て今は売られて無い本ですが結構しらない操作覚えました。

Amazon CAPTCHA

頂点系をいじる時に便利なスナップ機能とか

Mayaのレイヤーの使い方なんかも理解出来ましたよ。

選択中意外のモデルの頂点の選択とか出来たの勉強になりました。

まだ、モデリング基礎編1ですが下が完成したものです。

 

f:id:hth:20170312225242p:plain

ショートカットとか覚えられるといいなぁ

Unityの話

Unityのマテリアル設定のページ

docs.unity3d.com

ちょっとメモ程度記録

MayaLT2017の勉強をはじめました。

Mayaを仕事で使うようになったのですが、基本納品物のチェックや修正程度のオペレーティングしか出来ないのは、勿体無いなぁと思い勉強を開始します。

 

最終的にUnityにデータは持って行く予定ですが、まずは基本的な使い方から学んで行こうと思います。

 

Mayaに関しては、何度も挫折して自分には合わないなぁと苦手意識を持っています。

個人では、フルバージョンのMayaを買うことはとても無理なのでLT版を使って勉強していきます。

本格版のMayaは以下のサイトで確認出来ますが、年間で24万円とかとても手が出ません

http://www.autodesk.co.jp/products/maya/overview

MayaLTは、以下のサイトから確認が出来ます、年間で3万5千円なら、なんとなりそうです。

http://www.autodesk.co.jp/products/maya-lt/overview

両者の機能比較が以下のページになります。

http://www.autodesk.co.jp/products/maya/compare/compare-products

 

今回の自分のミッションとしては、モデリング、マテリアル、アニメーションが主な目的ななので、LTで十分ですね。

さて、チュートリアルでもと思い、ヘルプメニューのチュートリアルを選択すると

f:id:hth:20170310223101p:plain

流石です、オートデスク様

なので、F1を押してHELPページを使って勉強を始める感じになってしまいますが

これもハードル高すぎるなぁと困った感じです。

MayaLT2017スタートアップページ 

HELP内から、スタートアップページを見つけたの以下の参考に勉強開始します。

http://help.autodesk.com/view/MAYALT/2017/JPN//?guid=GUID-EB77EAAE-DEAA-42E9-A47B-B02F04AB50CF

 

お金取るなら、もう少ししっかりして欲しいですよね。

気を取り直して勉強始めます。